店長ブログ

紀州塗り半月盆

11月に入りましたが、世間はいよいよお正月モード?と感じられるのがタイトルにあるようにお正月などでお膳に使用される半月盆へのオーダーが増えてくるからです。

当店では半月盆(半月膳や半月ランチョンマットなど色々な呼び方をされていますが)を製造しているメーカーでもありますので紀州漆器産地の問屋さん(商社さんのようなものです)やネットショップページにおいてもひっきりなしにご注文をいただけております。

 

 

 

 

 

 

 

こういう黒と朱で両面使えるお盆です。某牛丼チェーンさんや和食店さんなんかでも見かけたことがあるかと思います。ということは知らず知らずの内に皆さんも当店の半月盆を使っていてくれるかもしれませんね?笑

この半月盆、本当に値段も安く仕上げることもできますし、軽くて使い勝手もよく多くのお客様からリピートいただけており大変嬉しく思います。

また滑り止め(ノンスリップ加工)にも対応可能ですのでお忙しい和食店・レストラン、介護施設、ホテル、旅館の方々など幅広くご使用いただいております。

本日も500枚の出荷を終えました!みなさまの手元に届き、少しでも喜んでいただけましたらと思います。

第29回紀州漆器祭り

2017年11月4日・5日と第29回紀州漆器祭りが開催されました。

和歌山県海南市黒江の歴史ある景観が残る街並みを歩行者天国にして開催されるこのお祭り。

漆器業者さんはもちろん、地元商工会議所、サッカークラブ、金融機関様たちの融資のお店などたくさんのお店で大賑わいとなりました。

当店は本年は出店を行いませんでしたが、店長である僕は紀州漆器青年部の一員として青年部で作った作品を販売いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

青年部メンバーで作った拭き漆の塗り分けの木製箸と根来仕立のプランターを販売!

木製箸は大変人気がありなかなか売れましたが、プランターは大きいこともあり目を惹くのですがそこまでたくさん売れなかったので来年度の課題ですね^^

 

 

 

 

 

 

 

地元中学生の吹奏楽部による演奏会。こうやって小さな町ではございますが、一つの漆器産業が2日間だけでも中心となって老若男女を結ぶ架け橋になれていることは大変光栄に思います!

来年はいよいよ第30回です。当店も来年は出店いたしますのでよろしくお願いいたします。

日経MJに掲載されました

本日発売している日経MJに当社も参画する

「KISHU+」の記事が掲載されました!

しかも2面に大きく載せていただきまして本当に嬉しく思います。

このKISHU+ですが、従来我々が培った漆器製造に係る技術やノウハウと全く新しい最先端技術を掛け合わせたコンセプト「先端工芸」をテーマに商品を発信しているブランドです。

当社も塗り、下地加工業者として、参画しています。

また今後もプロジェクトについては書いていきますが、まずは本日の日経MJを読んでいただければと思います。

 

設備投資しました

本日新しくコンプレッサーを新調いたしました。

下地(主に木製)研磨作業や、吹き付け塗り作業に必要なコンプレッサーなのですが、

実は当社が現在の工場に移動した当初から使っているものを今まで使っていました。

実に約30年。。

機械ものですし、ガタが来ていたことと、受注増に伴い少し更新する必要がありましたので、

今年やっと導入できた次第です。

古いものが壊れてしまっては商品が作れなくなってしまいます。

壊れる前に新調できてよかったです。

 

サイト公開

2017年10月23日(月)

山家漆器店のサイトを公開いたしました。

スマホユーザーも増えていく中でどうしても昔のサイトだと見にくいというお声も頂戴いたしましたので、今回スマホにも対応しているレスポンシブルかつコンテンツ盛りだくさんにできるサイトにリニューアルした次第です♪

ブログはもちろんですが、インスタグラムやTwitter・フェイスブックなどのSNS、サイト内コンテンツも増やしていき、より皆様にお選びいただける漆器屋さんになれればいいなと思っております!

今後とも山家漆器店をよろしくお願いいたします。

 

店長:山家優一