店長ブログ

半月盆の製造風景(上場 うわば)

2018.08.03

こんにちは、店長のユウイチです。

本日は午前中に半月盆の上場(うわば)塗り作業。

年末年始、主におせち料理や、お正月の料理などのランチョンマット的役割でご利用される方が多く、

この夏の時期から在庫を始めます。

普段は飲食店様やホテル・旅館様などの業者様向けに作っていますが、インターネット販売を始めてから、

一般家庭のお客様からのご注文も非常に増えてきております。

インスタなどの影響もあり、ただただご飯を食べるだけではなく、こうやって趣ある器・お盆に

きちんと盛り付けていただけることは漆器屋としてこの上ない幸せです。

年末年始までの繁忙期に向け、一点一点しっかりと作らせていただきます♪

当店の半月盆はこちらからご購入いただけます。

初盆・お盆に持っておきたい「切手盆・祝儀盆」とは

2018.08.01

こんにちは、店長のユウイチです。

今年の夏は本当に暑い日が続きますね、、。水分補給をしっかりと、熱射病にならないようお気を付けください!

さて、来週にはお盆休みに入られ、ご実家に帰省される方、旦那様のご実家に一緒についていかれる方などたくさんいらっしゃるかと思います。

その際、お坊さんにお布施をお渡しするシーンなどでご活用いただけます。

当店の切手盆のページはこちら

・・・そもそも切手盆って何?って方も多いかと思いますが、金封紙やご祝儀などの小さなものを送るときに、このお盆に乗せて利用いただく商品です。

別名を「祝儀盆」(しゅうぎぼん)とも「名刺盆(めいしぼん)」とも呼ばれます。

当店では様々なサイズはもちろん、予算に合わせて、木製品・プラスチック製品、漆塗り・合成塗料塗りなど幅広く用意させていただいております。

またお盆・初盆以外にも様々な冠婚葬祭のイベントにご活用いただけます。

法事や法要でお坊さんに・お寺さんにお布施をお渡しする際はもちろん、出産祝・長寿の御祝、入学入園祝・卒業祝、就職・栄転・昇進のお祝い・新築御などなど、

お祝い慶事から仏事弔事までお使いいただけます。

それでは暑い夏がまだまだ続きますが、よいお盆休みをお過ごしくださいね♪

花台のある生活

2018.07.12

暑い、、、暑いですね。。

こんにちは店長の山家優一です。

日夜暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

本日はタイトルにあるように、木製花台のご紹介です。

当店では天然木製作られた花台がたくさん揃えられております。形やサイズ、色など様々ございますので、きっとお客様のお家にぴったりの花台が見つかるのではないかと思います。

暑い日が続きますが、床の間などに花台を、そして綺麗な涼しげな花などを鑑賞しながら納涼も悪くないですよね^^

毎年母の日、父の日、敬老の日などの贈り物としてプレゼントされるお客様が多く、当店の人気ラインナップの一つです。

当店の花台はこちら

オリジナル漆器商品製作について

2018.07.10

当店では先日201872日の記事でご紹介したように、イベントや企業様のオリジナル商品の依頼も多数ございます。

記念品の一つとして、一つ高級感のある漆器や漆芸商品を贈られるとサプライズにもつながり、非常に喜ばれるそうです。

でもお高いんじゃないの?とお思いかもしれませんが、紀州漆器は安価で良質なものを数多く作ることが非常に得意な産地ですので、

当店もそう言った依頼を受けることが非常に多いです。

一度どんなことでも構いませんのでお問い合わせくださいね

先日は写真にあるように小皿(銘々皿)にイベント名を入れさせてもらいました。

現在進めているオリジナル品は高級梅干しの箱です!!

完成が楽しみですね。

※写真は地方創生会議での記念品です。

第二回地方創生会議にて採用!

2018.07.02

2018円6月30-7月1日に行われた第二回地方創生会議 in 和歌山 (https://chihousouseikaigi.jp/)

の主催者である小幡くんからお声がけをいただき、1日目夜の懇親会のための漆器小皿を作製させていただきました!
銘々皿という取分け皿に「地方創生会議」のかっこいい筆文字を入れて納品させていただきました。

僕自身は予定が合わず参加できませんでしたが、第一回には参加させていただきまして、その際は様々なスピーカーのお話、学生さんや若い方の新しいビジネスの発表など、非常にモチベートさせられる会でした。

全国各地から参加するこの会において、和歌山の会場で紀州漆器をPRさせていただけたことは非常にありがたく、Twitter上でも多くの方が漆器銘々皿をわざわざ用意している運営スタッフに驚いていたようです!!

今まで紀州漆器はもちろん、漆器のことなどに関心のなかった全国の方々にこのようにPRできる場を設けていただけたこと感謝いたします。

こちらの「溜 銘々皿」は当店オンラインショップページでご購入いただけます。

「銘々皿 溜塗 5枚組」のオンラインページはこちら

和歌山工業高等専門学校での出張講義

2018.06.20

6月20日、本日予てより依頼をいただいておりました、和歌山工業高等専門学校において

「漆器・伝統工芸について」ということで出張講義の依頼がありました。

自分はまだ漆器業界に入って2年とちょっとなので伝統的なお話や漆器の話をお伝えできるかわかりませんよ、と前置きをした上で、

17歳の生徒たちに向けての授業ということで、僕のような比較的年齢の近い方にお声いただけたようです(30歳)。

「漆器」や「伝統」を伝えることも大事ですが、若い方でも比較的頭に入りやすく、退屈しないような内容作りにしようと2週間ほど時間をいただき資料作成をし、70分の講義をさせていただきました。

従来の漆器の製法、現在の漆器のあり方、ブランディングについて、IT(ECやクラウドファンディングの活用)など、高校生でも馴染みのありそうなお話ができたかなと思います。

和歌山高専さんは優秀な学生を排出し、就職先や進学先も非常に素晴らしい実績をあげられておりますので、「漆器・伝統」なども知識の一つとして持っていただき、

さらに現在我々が抱える課題、今後予想される日本の展望、せっかくなので3年間赴任したミャンマーでの出来事や国際社会についてなどなど盛りだくさんで70分が本当に短く思えました。

このような機会をいただけた和歌山高専様ありがとうございました。

久しぶりのミャンマー

2018.05.30

先日は久しぶりにミャンマーに行ってきました。

実に約1年ぶり。

急激な発展を遂げる国に1年ぶりに来るだけでも商業都市ヤンゴンでは様々なホテルも立ち並び、多くの変化が見受けられます。

さて、今回の滞在中には木製品の産地にも足を運びました。

漆器の産地【バガン】は、時間がなく尋ねることができませんでしたが、

木製品の産地【バゴー】は比較的ヤンゴンからも近く、滞在しやすいことと木工房を持つ社長様とも懇意にさせてもらっているので、

久しぶりにお会いし、少しお話をさせていただきました。

木工作業をする女性スタッフさんたち。

一生懸命商品を作り、研磨、塗り作業を行っております。

品質管理もばっちり。

こちらは日本人の方が運営しているNPO法人さんなので、品質も日本基準で本当に素晴らしい商品を仕上げてくれています。

当店の楽天市場ショップでは販売しているので覗いてみてくださいね♪

そしてこちらは籐(ラタン)製品のお店です。日本でも大人気のラタン商品ですが、実はミャンマーでも生産しております。

こちらはバゴーから少し西に行った地域にはなりますが、数多くのショップが並んでおりました。

 

このようにミャンマーには黒檀、紫檀、チークなど、日本では取れないようなそして世界的に貴重な銘木が今なお存在しております。

もちろん違法伐採や、乱雑な伐採はいけないとは思いますが、国の資源を有効活用し、確かなものに変えているお仕事は素敵だなと思います。

せっかくの技術・そして有益な資源であるので、さらに品質、価値を向上させて、彼ら、彼女たちがもっともっと豊かによるようしっかりと適正価格で購入させていただき(安いから買うのではなく)、お互いwin-winの関係が作れればいいなと感じます。

 

さて次はいつミャンマーに行きましょうかね~。次回も楽しみです!

みかん盃をせっせと製作

2018.03.15

みかん盃って知ってます?

みかんの皮を素材に活かした酒器(盃)のことで、現在本うるしを使用し製作に取り組んでおります。

漆器というのはもともと木のお椀やお盆などの強度をあげたり、漏れをを防ぐために漆を塗っておりましたが、時代の変化とともにプラスチックやガラス、陶器など様々な異素材とのコラボ商品がございます。

和歌山の伝統工芸である紀州漆器であるので、和歌山の名産品である「みかん」をうまく活用できる商品として以前から一部作られておりましたが、当店でもチャレンジすることにしました。

一人では難しいので同じ産地の町宗工芸さんという塗り屋さんとのコラボです。

みかんはある農家さんのブランドみかんを使用させていただいておりますが、それは完成したら発表したいなと思っています♪

今日はみかん盃の製造工程の一部写真のみ大公開!

完成・発売までしばらくおまちくださいね♪

 

商品登録の日々

2018.02.21

自社ホームページをリニューアルして早4ヶ月。。

実際は取り扱っているにもかかわらず手が回らずに登録できていなかった商品をどんどん登録しております!

これまでお問い合わせの多かった商品のラインナップを増やしたり、新商品を登録したりしておりますので、目を通していただけましたら嬉しく思います。

その中で注目商品はこちらの「蒔絵御朱印帳」です。

昨今人気の神社やお寺で御朱印。筆で神社独自の印を手書きしてもらうスタンプラリーのようなものですね。

最近では朱印帳ガールなどの言葉も出てくるほど、女子の中でもブームとのこと。

森ガール・山ガールから武将ガールや廃墟ガールなどいろいろとブームが出てくるので、その流れについていかねば!

漆器産地=伝統の古い体制、、と思われないように工夫が必要ですね。

この蒔絵御朱印帳、非常に人気でして、ホワイトデーのお返しや女性へのプレゼントに最適かと思います。

ご夫婦やカップルの方などは御朱印集めデートのきっかけにも最適かもしれませんね!

伝統的な和柄からネコなど可愛い種類もご用意しておりますので色々な方に最適なプレゼントになるかと思います。

なんか珍しく宣伝のようなブログになってしまいましたが、このようにどんどん新商品や従来の商品をアップし、よりよいホームページにしていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

和歌山県立宮前小学校にて

2018.02.20

本日和歌山県立宮前小学校にて地元の産業を勉強する4年生の授業に出張授業をしてまいりました。

紀州漆器の現状や当社も参画するKISHU+の取り組みなどを中心に。

先生をはじめ皆一生懸命に予習もされており、「おっ」と思うような突っ込んだ質問もあり、有意義な時間となりました。

また、45分間という短いようで長い時間、「漆器」なんて馴染みない言葉に生徒も退屈するかなと思っていたら、鳴り止まない質問で驚きました。とても時間が足りず若干の延長をしました。

それにしても元気いっぱいで逆に力をいただけましたよ笑

 

紀州漆器は全国的にもあまり馴染みのない方も多いかもしれませんが、ここ和歌山県内でも同じような現状でして、こうやって子どもたちに直接お話させていただける機会があることは非常に嬉しく思います。

今後も少しでも紀州漆器のことを知ってもらえるための活動を続けていければと思いますので、ぜひお問い合わせください!むしろ呼んでください!笑

店長:山家優一

1 / 3123