店長ブログ

漆器青年部に向け青年部作品制作中 PART2

2018.10.20

店長のユウイチです。

引き続き来月11月3日4日に迫った第30回紀州漆器まつりにおいて

紀州漆器青年部のメンバーでものづくりの現場をお届け!

じゃん!

海南駅様の駅名看板を漆器にて製作しています。

これは文字入れをするところ。

職人さんが塗り上げた木製看板に、いよいよ文字入れ。失敗は許されない緊張の一瞬ですね。。

完成品はまた後日こちらで公開させていだきますね♪

アンシャンテ様のケーキ皿に採用いただきました

2018.10.19

店長のユウイチです。

地元海南市にあるケーキ屋さん菓子工房Enchanterアンシャンテ様のリニューアルオープンに伴い、当店にお声かけいただきましてケーキトレーを作製させていただきました。

店主の山口様と奥様の熱い想い、また山口様の家紋を模した店舗ロゴへの刷新もあり、従来ケーキ皿は白が定番のように感じられますが、

ここはあえて地元ケーキ屋さんと地元漆器屋のコラボなので、敢えて漆器らしさを全面に、また山口様の家紋を入れさせていただきました。

そして本日19日がリニューアルオープン日。早速お邪魔してみると。。

ガラスのショーケースに反射してしまい綺麗に撮れませんでしたが、おしゃれじゃないでしょうか??^^

プリンがたくさんの種類があり、この日は5種食べ比べセットとケーキを購入させていただきました!プリンが濃厚で本当に美味しかったです♪

ぜひ皆様、漆器のケーキトレーに陳列しているケーキ屋さん菓子工房Enchanterアンシャンテ様、一度ご来店してみてください♪

 

ちなみにこれらのトレーは従来は切手盆・名刺盆、また花台・飾り台として当店ショップにおいても大人気の商品です。

漆器は使われなくなっていると言われておりますし、我々自身もひしひしと感じる次第でありますが、

切り口を変えて、見せ方を変えるだけでこんなにも面白いものになるのかと再認識させられた今回のご依頼でした。

本当にありがとうございます♪

漆器青年部に向け青年部作品制作中

2018.10.15

店長のユウイチです!

さて、11月3日・4日と第30回紀州漆器まつりが開催されます。

今年は当店としても個人参加いたしますが、毎年漆器青年部のメンバーでもモノづくりや作品作りをさせていただいております。

昨年は商品を作り、プランターや植物鉢、うるし塗り箸などを製作し販売させていただきましたが、

今回は地元の皆様からの依頼などによるコラボをさせていただきました。

そんな中でもこちら

まだ完成していませんが、亀川中学校様の校歌を塗らせていただきました。

文字は蒔絵を施しております。

商品をお客様の元に直接お渡しできることもうれしいですが、こうやって多くの子どもたちや関係者様の目に触れることのできる

意義のあるお仕事をさせていただくことも非常に嬉しいことですね♪

山家漆器店が生まれ変わります

2018.10.05

こんにちは、店長のユウイチです。

タイトルにある通り、、、山家漆器店、、、生まれ変わります。

じゃん!

どうでしょう??

このようにシンプルかつ、覚えやすく、可愛いロゴを外部デザイナーと組み作成していただきました。

「山(ヤマ)」の下に「家(イエ)」があり、「山家」を表しています。

これまで「山家」がなかなか呼みづらいというお声もいただいていた中で、楽天店などは「紀州ヤマガ」というカタカナ表記にしていたのですが、

今後はこのロゴと店舗名(山家漆器店)を並べるなどをして、雰囲気あるお店づくりをしていきたいと考えています!

当店自社サイトのロゴは(看板)はすでに変更されておりますので、ぜひ見ていただけると幸いです。

今後とも新生山家漆器店をどうぞよろしくお願いいたします。

はたらく女子の食を豊かにするメディア「Ft8」

2018.09.28

店長のユウイチです。

はたらく女子の食を豊かにするメディア Ft8 様において山家漆器店がQ&Aで監修させていただきました。

こちらは食にまつわる情報が満載のメディアで、「女子」と書いていますが、男の僕が見ても非常に興味深く拝読させていただけます。

とにかくこだわりが面白い。

最近の記事では「土鍋の選び方」とか割と細かな、でも確かによくわからないなというモヤっとした気持ちを解消させてくれるありがたいメディア様です。

そんなFt8様において、「漆器のおすすめランキング」という企画がスタート。その最後の扱い方のQ&Aをお答えさせていただいております。

漆器の種類別おすすめランキング|初心者でもこれさえ読めば贈り物も安心

僕のような業界にいる人間でも「そうなんだ!」と思うような細かなことや、漆器初心者向けの記事ということで非常にわかりやすく表現されており、僕自身大変勉強になりました。

「漆器は高い」

「漆器は扱いにくい」

「漆器はいらない」

こういった声をどう払拭するか、どういうカワイイ新商品を作るか、ということも非常に大事なことですが、

従来の漆器製品を正しく、丁寧に、別の声で伝えることでニーズが増えそうだな、と思いました。

この記事を読めば、新商品でなくとも「あ、買ってもいいかも」と思ってくれる人が増えるんじゃないかと思いました。

今回は「お椀」や「お箸」に特化いただきましたが、「賞状盆」や「お盆」なども見せ方、伝え方ひとつでさらなるニーズが発掘されるかもしれませんね。

このように若い方が発信する、新しいメディアで漆器のことを取り上げていただけること、また当店にお声がけいただけたこと本当に感謝いたします。

また一人、漆器に興味が沸く人が出てくればいいなと思います♪

漆発祥の地「曽爾村」へ

2018.09.08

こんにちは!

本日は漆発祥の地と言われている、奈良県は曽爾村、曽爾高原に訪問させていただきました。

しかし現在漆の地としては廃れてしまったその息を吹き返させ、「漆の郷」として再度復活させたいと村の地域の方々が立ち上がりました。

そのグループが「漆ぬるべ会」です。

上のリンク先にあるように、様々な失敗と試行錯誤、さらに地域おこし協力隊として、今回お会いさせていただきました並木様をはじめとするパワフルな方々。

やはり失われた産地を再生するということは並大抵の努力ではないみたいです。

我々紀州漆器としましては、合成漆器をはじめ、新しい挑戦はさせていただいておりますが、従来の漆の扱いを踏襲したものづくりを学ぶことは非常に勉強になりますし、

何より、再度漆の木から植樹し、漆の採取からものづくり、さらに運営(持続可能となるような経済周り)なども我々が学ぶできところだらけの訪問となりました。

生来から育つ漆の木。もう漆を取り尽くすところまで取り尽くしてしまいました。

さらに観光スポットとして機能するように、本当に可愛いロゴの漆工房と横のギャラリーには圧巻。

何度も足を運びたくなるようなキャッチーかつインスタ映えする空間作り。この新しさと歴史を踏襲する古さのコントラストが、さらに人々を魅了するのだと思います。

漆工房のロゴ。可愛い!

地域おこし協力隊の並木さん(中央)と同じ紀州漆器の産地で働く町田くん(右)と。

帰りには曽爾高原ビールも購入。漆だけではなく、地場の面白いリソースをふんだんに使った街・村おこし。ビールだけでなくソーセージまで。さらにキャンプ地としても人気だそうで、綺麗な川が流れておりました。

一日弾丸日帰りツアーとなりましたが、実りある一日となったことは間違いありません!

このような機会を作っていただけた、地域おこし協力隊の竹川くんにも感謝です。

大阪・東京出張。台風は??

2018.09.03

こんにちば、店長のユウイチです。

今週は出張が盛りだくさん。

大阪ではお客さんとの打ち合わせと会食。

東京ではギフトショーという展示会が明日4-7日まで開催されております。

そこにここ最近頻繁に発生する台風が直撃。。

今回はさらに大きな台風ということで、、。ギフトショーには明日移動しようかと思っておりましたが、

明後日5日に変更したいと思います。

東京ギフトショーは日本では一番大きな雑貨市。当店は出店はしませんが、お客様が多数出展していることもあり、いつも顔を出し、そこで色々とお話・打ち合わせを予定しております。

また来年あたりには当店も出展を考えておりますので、今回は自分たちの出展を意識した有意義な視察・出張にしたいと思ってます!

漆器メーカー・木製雑貨メーカーなどが多数出展している第86回東京ギフトショーの公式サイトはこちら

https://www.giftshow.co.jp/tigs/

それにしても、、台風、、非常に多いですね。明日は直撃とのことですので、あまり無理をなさらず、安全にお過ごしください。

JAさんとのコラボ商品実現(?)

2018.08.30

こんにちは!ヤマガユウイチです。

私は漆器製品を初めとする当社の取り扱い商品を卸販売とインターネット販売で行っているのですが、そのインターネット販売の会で知り合ったJA和歌山さんの関連の方から

「梅干しのケースを作って欲しい」

という依頼を受けていました。

梅干しのケースといっても様々なものがありまして、現在でもプラスチック素材にそのまま梅干しを詰める漆器もございますし、高級品であれば桐箱などに入れて個包装した梅干しを詰めるケースもございます。

そんな中で個包装の梅干しとこれまた和歌山の特産品である山椒の瓶をセットにしたオリジナル商品を、紀州塗り木製ケースで作ることになりました。

サイズの変更、入り数の変更、塗りの問題などなど、超えなければいけないハードルをいくつか超え、試行錯誤を繰り返し(サンプル作成何度もありがとうございました!)、ようやく完成したのがこちら。

どうでしょう??個包装した梅干しと山椒瓶を詰め合わせセットにし、高級感ある漆芸木製ケースに。。

さらに食べ終わったり、もらったあとは仕切りを取外せるようにしているため、小物ケースなどにこのケースがそのまま使っていただけます。

贈る側の自己満足にならないよう、もらった側ももらって嬉しいものづくりが大事かと思います。

またまた素敵な巡り合わせと、素敵なご依頼に感謝です。

半月盆の製造風景(上場 うわば)

2018.08.03

こんにちは、店長のユウイチです。

本日は午前中に半月盆の上場(うわば)塗り作業。

年末年始、主におせち料理や、お正月の料理などのランチョンマット的役割でご利用される方が多く、

この夏の時期から在庫を始めます。

普段は飲食店様やホテル・旅館様などの業者様向けに作っていますが、インターネット販売を始めてから、

一般家庭のお客様からのご注文も非常に増えてきております。

インスタなどの影響もあり、ただただご飯を食べるだけではなく、こうやって趣ある器・お盆に

きちんと盛り付けていただけることは漆器屋としてこの上ない幸せです。

年末年始までの繁忙期に向け、一点一点しっかりと作らせていただきます♪

当店の半月盆はこちらからご購入いただけます。

初盆・お盆に持っておきたい「切手盆・祝儀盆」とは

2018.08.01

こんにちは、店長のユウイチです。

今年の夏は本当に暑い日が続きますね、、。水分補給をしっかりと、熱射病にならないようお気を付けください!

さて、来週にはお盆休みに入られ、ご実家に帰省される方、旦那様のご実家に一緒についていかれる方などたくさんいらっしゃるかと思います。

その際、お坊さんにお布施をお渡しするシーンなどでご活用いただけます。

当店の切手盆のページはこちら

・・・そもそも切手盆って何?って方も多いかと思いますが、金封紙やご祝儀などの小さなものを送るときに、このお盆に乗せて利用いただく商品です。

別名を「祝儀盆」(しゅうぎぼん)とも「名刺盆(めいしぼん)」とも呼ばれます。

当店では様々なサイズはもちろん、予算に合わせて、木製品・プラスチック製品、漆塗り・合成塗料塗りなど幅広く用意させていただいております。

またお盆・初盆以外にも様々な冠婚葬祭のイベントにご活用いただけます。

法事や法要でお坊さんに・お寺さんにお布施をお渡しする際はもちろん、出産祝・長寿の御祝、入学入園祝・卒業祝、就職・栄転・昇進のお祝い・新築御などなど、

お祝い慶事から仏事弔事までお使いいただけます。

それでは暑い夏がまだまだ続きますが、よいお盆休みをお過ごしくださいね♪

1 / 41234